バーベキューであると助かるグッズを紹介します

バーベキューであると便利なグッズ

BBQ

ハンガー

通販サイトで買うことが出来るバーベキューの便利グッズの以外にも、日用品がバーベキューで役立つことがあります。一つ目は皆さんがよく使う針金のハンガーです。このハンガーをどう使うかというと、テントなど引っかかる場所にかけておき、タオルをかけたり、レジ袋をかけてゴミを入れる場所にしたりといった使用方法です。なんでもハンガーにかけることができるので、かなり重宝します。蚊取り線香をかけたり、懐中電灯などをかけることもできます。針金はいろんな形に変形させることができるので、いろんな場面で活躍してくれます。とりあえず持っていくと何かと使える場面があるでしょう。軽くて持ち運びが便利なので、ぜひ持っていきましょう。

サインペン

サインペンもバーベキューであると便利な物の1つです。サインペンをどんな風に使うかというと、紙コップなど使用するときに誰がどの紙コップを使っていたのか、すぐにわかるように名前を書くときに使います。バーベキューで紙皿や紙コップを使うとき、自分の物がどれかわからなくなってしまい、また新しいものを出してしまう、なんていうケースがよくあると思います。サインペンが1つあるだけで環境にやさしいバーベキューが実現できます。無駄なゴミを増やさない為にも、サインペンなど、紙コップや紙皿に名前を書くことができる文房具を持っていくといいでしょう。蛍光サインペンなどを用意して子供たちに絵を書いてもらうなんていうのも良いでしょう。

ガムテープ

意外と忘れがちなのがガムテープです。ガムテープは何に使うかというと、まさに何でも使えます。ごみ袋をテーブルに固定したり、屋根にかかっている布が急に破けてしまったとき応急処置としてすぐに補修することができます。ごみを集めたりするときにも何かと重宝します。テーブルの足が1本だけぐらぐらするなんていう時にも、足を固定するのに使えます。考え方次第でもっといろいろな使用方法が見つかると思います。これからバーベキューがあるという人はガムテープを必ず持っていきましょう。

みんなのバーベキュー体験

肉がかなり余った

想定していた人数よりもかなり人が少なかったので、肉がたくさん余りました。もちろんバーベキューはすごく盛り上がりましたが、食材を余らせてしまったことが心残りです。最初はみんなで肉をわいわい焼いて食べていましたが、だんだん肉があまり、冷たくなってしまったんです。サランラップを持っていたので、余った肉を持ち帰りましたが、これからバーベキューをする人は肉をどれだけ注文するかよく考えるようにします。

緑が多い服部緑地

家族や親戚と服部緑地でバーベキューをしたのですが、本当に盛り上がって楽しかったです。バーベキュー以外にも緑がとても豊富なので、みんなでフリスビーをしたり、サッカーをしたりして遊びました。子供たちがとても喜んでいたので服部緑地でバーベキューをしてよかったと思いました。来年と言わず半年後にはまた親戚一同集まりワイワイガヤガヤバーベキューしたいと思います。服部緑地はオススメです。

久しぶりに大学のメンバーで集まった

大学の時の友達と久しぶりに集まり、バーベキューをしました。卒業してから5年ほどたちましたが、みんなあの頃と変わっておらず、大学の時と同じ気持ちで楽しめました。最近仕事でいつも疲れていたけど、バーベキューで何か癒された気がします。これからは1年に1度はみんなで集まりバーベキューなどを企画していきたいと思います。みんなで外で食材を焼いて食べるのは会話も弾むしとても楽しいです。

バーベキューが趣味に

家族で何度かバーベキューをしているうちに、親である私自身がとてもバーベキューが楽しくなってしまい、バーベキューコンロやテントなど、気づいたら道具をたくさん買い揃えていました。今ではバーベキューでできる料理などのレシピを調べて、家族に特別料理を振る舞っています。家族サービスと趣味を同時にできるのでバーベキューはとても良いものだと思いました。

職場で恒例

毎年のバーベキューパーティーは職場で恒例ですが、この場所で上司と部下が一緒になって楽しむことによって、より職場の関係が良くなっている気がします。お酒も入るので、いつもできない相談も上司にすることができます。居酒屋で飲み会などするよりも、バーベキューパーティーでアルコールを飲んだ方が無礼講という雰囲気が作りやすく、職場の人間関係の改善に役立っています。上司が意外とお茶目な服装で来るとその分距離が縮まります。